生産者の
こだわり

生産者のこだわり

こしひかり > 生産者のこだわり

生産者のこだわり

生産者のこだわり


 おいしいお米が出来るまで

おいしいお米が出来るまでの「生産者のこだわり」をご紹介いたします。


おいしいお米が出来るまで

3月中旬

 3月中旬

地力をつけるため、土を深く耕します。


※地力とは、作物に必要な水と肥料と酸素を十分に与える力、
 微生物の働きで有害な病原菌が増えるのを防ぎ、
 健康な作物を育ててくれる土の力をいいます。

4月上旬

 4月上旬

田に水を入れて、土の塊を細かく砕き、土の表面を平らにして水の深さを揃え、
田植えの準備をします。

4月下旬

 4月下旬

田植えを開始します。

稲は約1週間に1枚のペースで葉っぱを増やしながら成長

 稲は約1週間に1枚のペースで葉っぱを増やしながら成長します。

葉っぱが増えるとともに背丈も伸び、茎も太くなります。

稲の成長に合わせ、田の水の量を調整します。
そして、田の中の雑草を取ったり、田のまわりの草を刈って、
稲が育ちやすい環境を保ちます。

9月上旬、稲穂の実がはり、黄金色に色づいてくるまでもう少し

 9月上旬、稲穂の実がはり、黄金色に色づいてくるまでもう少しです。

黄金色に膨れ、稲はすっかりお米になりました。9月16日いよいよ稲刈り。美味しい“こしひかり”の出来上がりです。

 黄金色に膨れ、稲はすっかりお米になりました。
9月16日いよいよ稲刈り。美味しい“こしひかり”の出来上がりです。

ページトップへ